理究の言魂(ことだま)

NO10-3 指示明確化の原則

集団のクラス運営では、“阿吽の呼吸”で子ども達を動かすことは限りなく不可能です。スクール形式でも円陣形式でも、全員を指導者の視界に入れる態勢を整えるところからスタートします。
見るべきなのか、聞くべきなのか、考えるべきなのか、作業をすべきなのか、発言すべきなのか、小テストは何分でするのか、秩序ある(効率的で効果がある)指導をするためには、1つ1つ明確にすることです。

授業を参観していて感じるのは、上手な指導者は、指示出す前に必ず全体を見渡す“間”があります。指導者に“余裕”があるかどうかがポイント。児童・生徒の視線を集めます。そして、一気呵成に的確な指示を出します。

1回の授業で、幾つものステップがあるならば、黒板(ホワイトボード)やプリントに“全体の流れ”を示すことです。指導者は、通常、その領域に長けた経験者です(笑)。何度も実践しているので当たり前のように扱います。当たり前ですよね。知っていればできるわけです。しかも、簡単に処理をします。
しかし、【学び手-生徒】は、初心者。右も左もわかりません。つまり、暗闇の中にいるのです。だから安心させることを心がけるのです。そうすれば、【学び手-生徒】は、勝手に見通し学習します。だから指示明確化は大切なのです。

講師・指導者はコーチです。ストップウォッチを片手にタイムキーパーになることも大事。ただ教科内容を教えればいいというものではありません。チーフディレクターであり、アシスタントディレクターでもあるのです。勿論、ストップウォッチを持っていても厳格になる必要はありません。
いや、なってはいけない場面の方が多いかもしれません。
「よし、この問題はおおよそ5分。よーい、はじめ」とスタートして、机間巡視します。この机間巡視は、状況把握=事実認識するための重要なプロセス。生徒たちの解答プロセスを見ながら時間を短縮したり、延長したりすればいいわけです。「指示明確化」した上で、さじ加減をすることも大事な要素。もう少しで“できそうな気配”があれば、調整すればいいのです。

固定ページ:
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53

54

55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78