理究の言魂(ことだま)

論語と算盤

NO2-2 社是 Aufheben=止揚」の章で渋沢栄一に触れました。2021年のNHK大河ドラマの主人公です。2019年4月に新・1万円札(2024年から)の図柄に決定した時から、静かな渋沢栄一ブームが起き、放映される2021年2月中旬からは、さらに加速化します。猫も杓子も「論語と算盤」を口にすることでしょう。江戸時代に生まれ昭和初期まで生き、日本の資本主義の父と言われた人物が脚光を浴び、正当に評価されることは素晴らしいことです。

大河ドラマ「青天を衝け」|NHKオンライン

渋沢が生まれた江戸時代は「士・農・工・商」という身分制度で統治され、商売(金を稼ぐ行為)は卑しいという価値観で支配されました。農家出身の渋沢は、幕末から明治初期の激動期に成長し、価値観が崩壊する時代経験を通じて「利益追求と道徳の調和(バランス)」を説きました。それが「道徳経済合一」(どうとくけいざいごういつ)という考え方。簡略にいえば、事業をする上で、常に社会貢献や多勢の幸せ実現といった公益を追求しながら、同時に利益を上げていくという理念です。
渋沢は、武士のような精神が必要であると、自立を説きました。ただし、“武士は食わねど高楊枝”のように経済を重んじなければ、世界に追いつくことはできないことを主張したのです。だから、“士魂”と“商才”を併せ持つことが肝要であると。それが、有名な「士魂商才」という四字熟語
NHK大河ドラマが渋沢をどのように演出するのか今から楽しみにしています。前作の「麒麟がくる」もかなりの秀作。大河ドラマは、日本文化が生んだ最高傑作の1つ。これを見逃す手はない(笑)

「お金」は、命の次に大事なものの1つです。「お金」の魅力は強烈です。よって、人を惑わせます。人を虜にもします。「お金」で人生が狂う、命を落とす人もいます。「稼いでなんぼ」「儲けたもん勝ち」のような価値観を蔓延させます。日本もバブルを経験しました。「拝金主義」が横行し、人心が乱れました。
中小企業の勝負の分岐点は、キャッシュ=お金の過不足です。「お金」は、人間で言えば血液。血液が不足すれば、それは死を意味します。大企業でも基本は同じですが、大企業であればあるほど、政府やグループ会社のヘルプが得られやすい。JALや東芝など日本を代表する大企業は、苦境になった時、日本政府や金融機関が助けます(その可能性が高い)。なぜならば、倒産した場合の影響が大きすぎるからです。
しかし、日本の企業の99%である中小企業は、自分の力で切り開き、生き残るしかありません。普通の経営者は計画的な運営手法を採ります。それは、目隠しして車を運転する人はいないのと同じです。サバイバルした会社に対して「生命力の強さ」などと評価するのは曖昧な抽象論であり、結果論に過ぎません。なぜならば、時代の流れ、時の悪戯(いたずら)、運の女神の現れ方など、人知を超えた“偶然”のエネルギーは計り知れず、それが簡単に生死の分かれ目を作ります。

新型コロナ騒動が1年以上私たちの生活や仕事を激変させることを、誰が予想したでしょうか。まさに、一寸先は闇の世界。変化対応能力が問われる経営の道は、どこか“恋愛の成就の道”に似ているのです(笑)

固定ページ:
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71

72

73 74 75 76 77 78