理究の言魂(ことだま)

NO11 タ行(タ・チ・ツ・テ・ト) リーダーの心得 5原則

リーダー論は、議論百出ですなぁ~ だって、リーダーのタイプも様々ですからね。つまりいろいろなリーダーがいるわけです。
どこかであなたもリーダーになる。その最小単位が家族。この五原則は、その準備、心構え、きっかけ。

リーダー論は面白い。
美しいものに“棘”があるように、楽しいものには“罠”が潜んでいます。
ネットで「リーダー論」をググると、山ほど資料があり、書店に行けば「リーダーシップ」に関する本の陳列を目にします。
“リーダーの資質”や“リーダー像”などの蘊蓄(うんちく)や講釈は、話として魅力的。人生の教訓や指針を与えてくれます。特に歴史上の名君や武将のエピソードや逸話は、エンターテインメントとして、ついつい読みふけってしまいます。
“罠”とは、リーダー論は眩しく輝き、影響力が強すぎるので、知らず知らず「べき論」に傾くのです。“あなたも英雄になりたければ~のようにすべき”というように。歴史に残るリーダーは、神聖化される。啓蒙書のリーダー論は刻苦勉励の匂いも強い。よって、普通の人である私たちとの乖離を見せつけ、私たち自身を過小評価する羽目になるのです(汗)

この章では、古今東西の英雄のリーダー論や、学術的なリーダー理論の紹介ではなく、「リーダーとしての心得」としての1コマ。「べき論」のような背伸びは不要であり、求めません。
さて、私がこの章でイメージしている“リーダー”は、施設長、副施設長、主任、副主任、教室長、副教室長、部長、次長、課長職、プロジェクトリーダーなど3名~数十名を束ねる人材を対象にしています。

「私はリーダーの器ではない」なんて思い込んでいる、時には決めつけている人を見かけます。多分、自分自身が想定するリーダー像に引っ張られて、そのギャップを感じているかもしれません。上記で述べた“罠”にかかっている人です。それはそれで仕方がありません。先ず、そのイメージは横に置いておきましょう。
大事なことは、リーダーである前に、ひとりのメンバーであることを忘れないことです。リーダーであることを必要以上に気負わない。リーダーは、1つの役割であることを認識すればいいのです。
そして、リーダーを担うコツは、「人には添うて見よ 馬には乗ってみよ」という慣用句が示しているように、一人ひとりを理解するためには、親しく交わるようにすればいいのです。また、孔子の言う「己の欲せざるところ人に施すなかれ」など、人の道といわれることが根底にある原理原則です。それこそが本質といっていいでしょう。

家族をイメージしてみましょう。
多くの家庭では、父親がリーダーとなったり、影のリーダーとして母親が君臨する家庭もある。少なくとも子どもが成人になる前は、親がイニシアティブを取ります。どんな気弱な親でも、学校(児童・青年期)ではリーダーになったことがない人でも、親になれば、家族を構えればリーダーとして立ち回らねばなりません。守るべき家族の為に誠心誠意努力をします。なぜならば、「守る、育てる、教える」それこそが、“責任がある”と感じているからです。

状況に応じて、誰でもリーダーの役を負うことになります。いや、なるのです。いつでもリーダーになる準備をしてください。備えよ常に!です。
その上で、私が提示する次の五原則を意識すれば、あなたらしい“リーダー資質”を磨くことができると思います。

固定ページ:
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57

58

59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77